社名を前株にした際に株式会社アコムにおける市場評価

社名を前株にした際、株式会社アコムは株式市場において安定した評価を得られています。三菱UFJフィナンシャル・グループに属する日本の貸金業者です。MasterCardのプリンシパルメンバーであり、クレジットカードアコムマスターカードを発行しています。2014年には、MasterCardがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融事業者です。
社名を前株にしても問題ないことから、アコムは、株式市場に上場しています。アコムは、マイナス金利で資金調達のコストが下がり、利ザヤ拡大、何より海外部門において株式市場での評価を得られています。三菱UFJ系列で経営基盤が安定しており、タイを中心に東南アジアへの展開を先行しています。タイのEASYBUYとインドネシアのBankBNPです。第3四半期の段階で、営業収益の約2割を稼いでいます。国内にと留まらず海外への布石が中期的な業容拡大への期待を呼び込んでいます。
2016年における、配当原資の利益剰余金は、一株当たり、期末150円、一株利益30円超、自己資本比率30%超です。アコムも利息返還金を淡々と処理する中で、500億円を超える最終利益です。
2016年3月15日には、日系大手証券会社が、アコムのレーティングを弱気から中立に引き上げました。同様に目標株価も430円から550円に引き上げられています。
アコムは、創造と革新の経営を通じて楽しく、豊かなパーソナルライフの実現と生活文化の向上に貢献することを企業理念の中に書き連ねています。社名を前株にした際でもアコムは、基礎やノウハウが整っている会社と評価されており、株式市場における評価も悪くないものとされています。

トップページへ